Help:参考文献の節

From Wikispecies
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Help:Reference section and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎Türkçe • ‎español • ‎français • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎українська • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어
Help sections
Contents · General Wikispecies · Taxonavigation section · Name section · Reference section · Vernacular names section
Image Guidelines · Author Names & Author Pages · Project Templates · Project sources · Translation


出典

ページに記述した情報は、参考文献の節に典拠を示す必要があります。出典のない情報は無効扱いになります。

複数の参考文献は番号なしのリストとして、著者の姓のアルファベット順に列記します。 この節で用いる便利なテンプレートは{{a|Author Page Name|Author Short Name}}で、本文と異なるフォント(文字)で著者名をLinnaeusのように表示・印字し、ウィキスピーシーズの当該ページへリンクを作成、著者に関する主な情報を与えます。 逐次刊行物、書籍の題名は必ず斜体(イタリック体)にします。

以下の記述ルールを当てます。

  • 年号に半角のピリオドを添える。例: 2015.
  • 著者名のイニシャルはピリオドで区切り半角スペースは用いない。例: Ferreyra, H.D.V.
  • 著者名は小型英大文字(小文字と同じ高さで作られた大文字)で記し、リンクは{{A}}テンプレートで作成。例: {{a|Hebe Del Valle Ferreyra|Ferreyra, H.D.V.}}と記述すると表示はFerreyra, H.D.V.となるが、リンク先はHebe Del Valle Ferreyra。リンク先のない著者名には代わりに{{Aut}}テンプレートを使用し、{{aut|Ferreyra, H.D.V.}}と記述すると表示はFerreyra, H.D.V.
  • 巻数と号数の間に半角スペースは用いない。例: 4057(1)
  • 複数のページ番号や年号を結ぶにはISO標準に従い、短いenダッシュ (– 二分ダーシUnicode U+2013) を用いて前後に半角スペースを入れない。例: 2016–2017pp.54–59。ハイフン (-) あるいは長めに見えるemダッシュ (— Unicode U+2014) は用いない。
  • 共著者名は全員記述する。et alは用いない。著者名の区切りはカンマ (,) のみを用い、セミコロン (;) などは使わない。
  • 逐次刊行物の題名にISSNの掲載ページをリンクする。例: ''[[ISSN 1175-5326|Zootaxa]]''と記述すると表示はZootaxaとなり、逐次刊行物ISSN 1175-5326のページにリンクする。
  • ISBN番号にはテンプレート{{ISBN}}を用いる。例: {{ISBN|978-0-684-15976-8}}と記述すると表示はISBN 978-0-684-15976-8となり書籍のソース検索ページにリンクする。

参考文献一覧の記述法のサンプルを示します。

==References==
* {{a|María Soledad Moleón|Moleón, M.S.}}, {{a|John Mike Kinsella|Kinsella, J.M.}}, {{a|Pablo Gastón Moreno|Moreno, P.G.}}, {{a|Hebe Del Valle Ferreyra|Ferreyra, H.D.V.}}, {{a|Javier Pereira|Pereira, J.}}, {{a|Mónica Pía|Pía, M.}} & {{a|Pablo Martín Beldomenico|Beldomenico, P.M.}} 2015. New hosts and localities for helminths of carnivores in Argentina. ''[[ISSN 1175-5326|Zootaxa]]'' 4057(1): 106–114. {{doi|10.11646/zootaxa.4057.1.6}} [http://www.mapress.com/zootaxa/2015/f/z04057p114f.pdf Preview (PDF)]

すると以下のとおり表示します。

References

良質な参考文献一覧の条件を示します。

  • 分類群の本来の記述あるいはそれに続く分類群の改訂であり、分類群の状態を確認または変更できる。
  • 著者全員の名前、出版物のDOI番号、利用可能な場合は記事の要約または全文へのリンクを指定する。
  • 参考文献一覧には、著者が情報を得たほかの参考文献が列挙される。

上記の各点が欠けている参考文献は疑わしいと判断し、その採用を考え直されなければいけません。90年以上前に出版されたほとんどの生物学/分類学の逐次刊行物は、現在、パブリックドメインとみなされ、Biodiversity Heritage Library(生物多様性遺産図書館)(BHL)などインターネットで閲覧できます。 もっと最近の発行でインターネット閲覧が可能な逐次刊行物もあります。その場合、適切なウェブサイトへのハイパーリンクを追加すると役に立ちます(上記の例の場合はSystema Naturae)。

参考文献節の分割

さまざまな参考文献を重要度順に分類して、以下の順に分割することをお勧めします。

===Primary references===

命名法のすべてを記述:原本となる記載文、シノニム(異名)、コンビナティオ・ノヴァ、type assignment等

===Additional references===

その他の分類群の言及すべて:改訂、配布、マテリアル、分類群チェックリスト/評価など。

===Links===

外部サイトへのリンク。

完全な参考文献の節:
==References==
===Primary references===
===Additional references===
===Links===

英文では「references」「Links」など常に複数形で記述することにご注意ください。たとえ下位の節に出典が1件でも、英文の節見出しは複数形で記述します。

参考文献用のテンプレート

特定の分類学の出版物に多数の新しい分類群が記述されている場合、あるいは分類群の有意のグループを正式に改訂する場合、その出版物が多数のページで出典として引用される可能性があります。 そのような場合には、出版された論文に対して参考文献テンプレートを作成するとたいへんに有効で、ウィキスピーシーズで標準的に用いる書式を次のとおり説明します。

  • Author, A. Year. Title of Paper. Name of Journal Volume x (part y): pages n1–n2, plates x1–x2. Internet link.

or for a book...

  • Author, A. Year. Title of Book. Name and location of publisher: n pages and x plates. Internet link.

参考文献テンプレートはTemplate:Author, Yearという題名のページに作成し、次の構文により分類ページに呼び出されます: {{Author, Year}}
参考文献テンプレート名は著者の姓名ではなく姓のみを付けてください。姓に続き、常に半角カンマ (,) 半角スペース () を記してから出版年を入力します。必ず半角カンマと半角スペースのどちらも漏らさず記入し、セミコロンなどほかの記号は使えません。同じ著者名と発行年の組み合わせが既存の著者テンプレートで使われている場合、たとえば{{Smith, 2015}}が既にある場合には、右の例のとおり、発行年の後にaから始まるアルファベットの小文字を足します。{{Smith, 2015a}}{{Smith, 2015b}}{{Smith, 2015c}}のように著者名と発行年が同じで異なる文献を区別します。

参考文献テンプレートの例として、ここでは{{Myers, 1942}}を作ります。

* {{a|George Sprague Myers|Myers, G.S.}} 1942. A new frog of the genus ''Micrixalus'' from Travancore. ''[[ISSN 0006-324X|Proceedings of the Biological Society of Washington]]'' 55: 71–74. [https://biodiversitylibrary.org/page/34633434 BHL] {{subst:reftemp}}

すると表示は次のとおりになります。

上記の例で示した代替コード{{subst:reftemp}}を用いると、よく使われる便利な成分を参考文献テンプレートの末尾に簡易に追加できます(分類群のページで出典情報に示されないものを含む)。 転送元の参考文献テンプレートのページを開いて編集するには、出典の末尾の「参照ページ」リンクをクリックします。 参考文献テンプレートに加えた変更点は、その文献を引用する分類群ページが閲覧されたときに自動的に反映されます。

追加情報

参考文献テンプレートのページをさらに下位節に分けることも可能で、そこには参照によって引用された分類法ないしは、たとえばZooBankのように、他の関連するウェブサイトへのリンクを列記します。 参考文献テンプレートが呼び出されても、それらの情報を分類群のページに転送させないためには、前後を<noinclude>...</noinclude>で挟みます。たとえば(極端な場合の)があります。

標準的な参考文献テンプレート

引用される回数の多い参考文献に適したテンプレートは数件あり、生物の外部リンク用テンプレートに網羅されています。

Standard reference templates
Template code Result More information
{{AlgaeBase|genus|43546}} AlgaeBase Template:AlgaeBase
{{ASW5|accessdate=2008-01-16}} Frost, Darrel R. (2007). Amphibian Species of the World: An Online Reference. Version 5.0. Electronic database accessible at [1]. Accessed on 2008-01-16. Template:ASW5
{{CoF|sp|4340||Nematobrycon palmeri}}
{{FishBase|258|''Esox lucius''}}
{{GRIN|fam|879}}


{{GRIN|gen|9418}}


{{GRIN|sp|28411}}
{{ITIS|180679|''Dugong dugon'' (Müller, 1776)}}
{{IUCN|CR|57334|Telmatobius culeus}} IUCN: Telmatobius culeus  (Critically Endangered) Template:IUCN
{{MSW|11600005}}
{{MSW|11600005|i}}
{{NCBI|9606|''Homo sapiens''}} NCBI link: Homo sapiens Template:NCBI
{{NRDB genus|genus=Naja}}
{{NRDB species|genus=Naja|species=naja}}
Naja at the New Reptile Database

Naja naja at the New Reptile Database

Template:NRDB genus
Template:NRDB species
{{PLANTS|ADENI}}
{{WoRMS||154210}} Esox lucius in the World Register of Marine Species Template:WoRMS
Name section Reference section/ja Vernacular names section