Shortcuts: WS:A, WS:About

Wikispecies:概要

From Wikispecies
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Wikispecies:About and the translation is 100% complete.

Other languages:
Bahasa Melayu • ‎Cymraeg • ‎Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Nederlands • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎magyar • ‎oʻzbekcha/ўзбекча • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎suomi • ‎svenska • ‎čeština • ‎Ελληνικά • ‎русский • ‎українська • ‎עברית • ‎العربية • ‎فارسی • ‎नेपाली • ‎मैथिली • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎ગુજરાતી • ‎සිංහල • ‎ไทย • ‎ဘာသာ မန် • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어

ウィキペディアウィキスピーシーズも参照

ウィキスピーシーズ – その定義と目的は?

新しい種を分類する生物学者は通常、それぞれ特化した雑誌に掲載するため圧倒的な量の情報が生まれ、誰も概要を把握できません。非常に特殊な分野の専門家でさえ、ある種がすでに2回や3回またはそれ以上、正式に記録されたかどうか気づかないことがしばしばあります。

したがってどのくらいの種が知られているか知る術がなく、文字通りばかげた状態なのです。ここで言う総数とは地球上に存在するすべての種ではなく、すでに科学的な出版物に記載された種のことです。

種の総数は誰も把握していません。専門家によって'A氏'は環形動物を17 000種と推定するところ、'B氏'はおよそ20 000種だと主張します。この状況は特定の種の知識について、情報の現状を集約して閲覧できる登録プロセスと、データベースあるいは参照ディレクトリが存在しないことが原因です。この状況は、次のように要約できます。分類学のため、集約的で広範なデータベースを緊急に築く必要があります

そしてこれがウィキスピーシーズのあるべき姿です:地球という天体上の生物多様性を反映する、科学者と一般の人を対象としたオープンで広範なデータベース。生命はパブリックドメインなのですから!

科学界から資金を受けた大規模なプロジェクトが増えており、そのすべてが多かれ少なかれ同じ目的の達成を目指しています。例としてLife of Catalogue、EoLなどがあげられます。これらのプロジェクトは編集作業ができないため、エラーは避けられないとは言え多くが「固定」され、修正が難しい点が主に問題です。

ウィキスピーシーズに貢献するには?

ウィキスピーシーズに内容を追加したいから、その前に方法を覚えるにはHelp:コンテンツ節を一読して、ウィキスピーシーズには簡単にデータを追加できるという説明をご参照ください。

ウィキスピーシーズの方針に質問がありますか? Wikispecies:憲章にさらに詳しく説明してあります。